Gスポットの真実!本当に気持ちいいGスポットの触り方

気持ちいい膣口の触り方に書きましたが、Gスポットの刺激に入る前に、
クリトリス・入口の愛撫が終わっていることが前提です。

キスして、いきなり膣内に指を入れようとする人は
あまりいないと思いますが、クリトリスや入口の愛撫を丁寧して、
しっかり膣内が濡れてから、Gスポットを触るようにしてください。

Gスポット 場所

では、ようやくGスポットに入っていきます。

Gスポットの場所から。

Gスポットは上壁(お腹側)にあります。

上壁に少し指の腹を押し付けながら触ってみて、
ザラザラした小さい突起のあるところです。

よく猫の舌みたいと例えられます。


Gスポットは入口から4~5cmの場所にあり、
思った以上に手前にあります。

目安的には、

「中指の第二関節まで挿入したあたりの上壁」

に存在します。

あずもオナニーで初めて発見した時、
こんなに手前にあったのか!!とびっくりしました。


・・・が、Gスポットの場所は個人差があります。


実際、あずはかなり手前にあります。
入口から2・3cmぐらいかもしれません。

あずはかなり手前ですが、標準より奥にある人もいるみたいです。
だから探す作業が必要になってきます。


でも、Gスポットの場所は、かなり個人差があるので、
あずは、もういっそGスポットという概念に
とらわれる必要もないかなーと思っています。笑

Gスポットを大体の目安にして、その周辺を探して、
その女性個人個人の気持ちいいところを
刺激してあげればそれでいいと思っています。

どちらにせよ個人差があって
探さなければならないのだから(-∀-)笑

Gスポット周辺で、女性が一番反応がいいところを探してみてください。

Gスポット 刺激方法

では、場所が分かったところで、
Gスポットの触り方に入っていきます。

ます、多くの男性が、膣内を刺激する時にやってしまうことは、

直線的な動きで擦ったり、奥をついたりの

「抜き差しの動き」です。


でも、これはしょうがないことです。

AVを見ても、モザイクがかかっていて、
手マンの動きはよく見えないので、
出し入れしているように見えます(;゚Д゚)!


例え、モザイクなしでも、
膣の内で、指先がどう動いているかは見ることができません。


・・・そもそもですが、

AVの手マンは激しすぎて痛いので、
AVを見て真似しちゃダメです(ノД`)



抜き差しの刺激では、女性はあまり気持ちよくなれません。


では、どうやって刺激したら、
女性は気持ちよくなってくれるのでしょうか?


女性が気持ちよくなれる、Gスポットの刺激方法は

「押す」「圧す」「揉む」です。


「押す・・・?」

「圧す・・・?」

「揉む・・・?」


と疑問に思ったかもしれません。



では、なぜ圧迫したり、揉むかというと、


Gスポットは膣の表面にはないからです。



実は、Gスポットは、膣の上壁の中に埋め込まれています。

表面を「撫でたり・擦ったりする」だけでは、
表面が刺激されるだけで、刺激が内部に伝わりません。


そして、突くという直線的な動きでは、
Gスポットではなく、奥が刺激されるだけです。



あずは、このGスポットの構造は、
「肩もみとよく似ているなー」とよく思います(・∀・)


ちょっと想像してみてください。


あなたは一日仕事をして、
今日は疲れました。

「あー疲れた!今日は肩が凝ったな!
帰って彼女に肩を揉んでもらおう!」


さあ、ここで、問題です。


あなたが肩をモミモミして欲しいなーと思った時に、
凝っているのは、肩の一体どこでしょうか。



「表面の皮膚・・・?」

・・・ではないですよね?(;・∀・)



では、凝っているのは・・・?



そう!


「肩の内部の筋肉」

です!



「肩の内部の筋肉」が凝ったり疲れているから、皮膚の上から揉むことによって、
内部の筋肉に刺激を与え、筋肉がほぐれることで気持ちいいと感じます。



ここで彼女に

「疲れたから肩もんで!」と頼んで、

彼女が、「肩の表面」を

ひたすら撫でたり、擦ったりしたら、

「ちげーよ!!そんな触り方じゃちっとも気持ちよくねーよ!!!」

と言いたくなると思います。(´Д`)



Gスポットも同じで、
表面の粘膜を擦ったり撫でたりするのではなく、

内部のGスポットに圧をかけて、
内部に刺激を与える
ことで快感を感じます。


その為に、内部のGスポットを意識しながら、
基本は、押すなどの圧迫や揉みながら刺激します。




膣内を「押すとか、圧するとか、揉むとか」って想像ができないかもしれませんが、
先程も例に出したように、Gスポット刺激は肩もみをイメージしてください。


肩もみは、
・常に肩から手は離さずに揉みほぐしたり、
・ツボ押しのように押したり・圧したりしますよね?

この肩から手は離さずに揉むって言うのがポイントです。



ちょっと、足でいいので、自分でモミモミしてみてください。

・・・やっていただけましたか?

やっていただいた方はわかると思うのですが、

内部の筋肉はかなり動くけれど、
皮膚表面の指先がついている部分は変わっていないですよね?

これがGスポットの揉み方なんです!
Gスポットから指先は離さずに中の肉を揉むんです。


ツボ押しも、指を皮膚につけたまま、
グーッグーッっと押したり、
リズミカルにトントントンとノックする感じ。



そして、更にちょっと想像してほしいのですが・・・

肩もみ中に、肩からちょっと離した空中から、
「アチョー」とカンフーばりに、突っついたりしませんよね?
(肩たたきなら別ですが、肩もみの方です)

この「アチョー」と肩を突く行為wが、
膣愛撫でいう「抜き差しの手マン」にあたります。

抜き差ししてしまうことで、
刺激するべきGスポットから一回一回手が離れるんです。


一応、膣内に戻った時にGスポット当たるので、
全く気持ちよくないわけじゃないですが、
膣は鈍感なので、ちょっと数回かすったぐらいでは
絶対にイケません;つД`)


上で、実際に、足を揉んだり、ツボ押しのように押してもらったように、
なるべくGスポットから指先を離さないように刺激する方が、
女性側としては、断然気持ちいいです。


そして、膣内は鈍感とは言っても、粘膜でできていてデリケートなので、
「アチョー」と突く行為を何度も高速でしたら痛いんです;つД`)

快感<痛みになってしまいます。


もし彼女に、「肩もみして!」と頼んで、
「アチョー」とカンフーばりに肩を何度も突いてきたら、

「いてーよ!気持ちよくねーよ!そうじゃねーよ!」

と言いたくなると思い・・・。


エッチの時にそう思われている
可能性があるってことです・・・(;゚Д゚)!


抜き差しの手マンがあまり意味がないということが、
少しでも伝わったでしょうか?


今までのGスポットのイメージは、

×擦る・撫でる・
×突く・抜き差しする・出し入れする


だったかもしれませんが、これからは



○「圧迫する・押す・揉む」

にイメージを変えてください。

イメージを変えるだけでも、きっとすごく変わります。

・・・というより、イメージで覚えた方が絶対にいいです!

「あぁやって、こうやって、次は、ここをこの角度で触って・・・」

と知識だけ頭に詰めると、どうしても思い出しながらやろうとするので、
ぎこちないセックスになりがちです(ノД`)

女性のエッチの判断は、全体的な流れの方が重視されます。

どこかを的確に触れたかより、
全体的に流れるようなセックスの方が「上手い」と感じる。

頭で考えるより、イメージで覚えた方が、
流れがスムーズなので、
「この人エッチ上手いなー」と思われやすいはずです。

それに、考えながらだとエッチが楽しめません(´・ω・`)
是非イメージで覚えてください。

Gスポット 具体的な愛撫方法

さて、Gスポットの基本的な触り方がわかったところで、
具体的な愛撫方法。


Gスポットの前には、膣口を愛撫していると思いますので、
膣口からの流れでGスポットに移ります。


序盤は、
Gスポットをしばらく優しく刺激→膣口に戻るを繰り返してから、
Gスポット周辺のみの刺激に移ります。

理由は膣口愛撫で述べたのと同じです。


愛撫の基本は、なんだったでしょうか?

●強さは、弱い刺激→強い刺激、
●範囲は、一番敏感な場所から遠いところ→一番敏感な場所へ

でした。

Gスポットの刺激方法の基本は、「圧しながら揉みながら」ですが、
最初は焦らしや慣らしの意味を込めて、
圧は控えめに撫でるような動作を入れていきます。

膣口の愛撫と同様、まずはGスポットを含む広範囲を
指の腹で撫でるように擦ります。
(この時にGスポットを探すと効率的)

最初からGスポットのみを刺激するのではなく、
初めは広範囲から刺激していきます。

Gスポットと思われる部分の少し奥から、
入口までを大きな範囲で擦っていきます。

そして、女性の反応を見ながら、気持ちいい部分を探します。

女性の反応が一番いい部分に的を絞りながら、
だんだん範囲を狭くしていき、Gスポットのみを刺激していきます。


・Gスポットのみの刺激まできたら、揉んでいきますが、
セックスでは必ず流れを意識してください。
圧のかけ方も、弱い→中→強いとなります。

まずは優しくほぐすように揉んでいき、少しづつ強くし、
最終的に強まで持っていきます。

これは、一部のみをしばらく刺激すると慣れてくる性質を逆に利用しています。

一部を連続して刺激すると、反応が鈍くなってくるので、
少し強く揉んでも快感を感じるようになります。

これを弱い→強いの段階を踏まず、
最初から強くすると痛いだけに終わります。

こうすれば、痛くなく気持ちいいGスポット刺激ができます。



Gスポットを開発したいなら、これがおすすめ!
maki2
AV女優 北条麻妃が教える膣開発法

Gスポットやポルチオの場所や触り方、開発方法まで、じっくり学べます。
クリイキでは得られない、深い深い快感の中イキを感じさせたい方に。

「AV女優 北条麻妃が教える膣開発法」あずのレビューはこちら

関連記事

女性を膣イキさせるために知っておかなければならないこと
膣口
③本当に気持ちいいGスポットの触り方

あすおすすめセックス教材

女性に強烈な快感を与える"中イキ"をさせるにはコレ!

→あずのレビュー

女性を虜にするセックステクニックが知りたいなら・・・
かすみ果穂が教える女性を虜にさせるセックステクニック
→あずのレビュー

あすおすすめアダルトグッズ

あずおすすめ使いやすくて気持ちいいローター♪

→あずのレビュー

吸い付くような感触の気持ちいいローション♪

→あずのレビュー
→女性をイカせる為のローション活用

サブコンテンツ

このページの先頭へ