②女性から見た潮吹きの本音

前回、①潮吹き自体に快感はない!?で、
潮吹き自体には、あまり快感がないことを書きました。

まだの方は、是非読んで見てください。

このページでは、
「女性からみた潮吹き」を書いてみたいと思います。


もちろん、潮吹きで快感を感じる事ができる女性もいますし、
個人差がありますので、あくまで「あず視点」ということで見てください。

潮吹きのしやすさには個人差がある

まず、潮の吹きやすさは、体質によって違いがあります。

吹きやすい子は、普通にセックスしてても吹くし、
吹かない子は、どんなに頑張って手マンしても吹きません。

本人が、どれだけ潮吹きしたいと思っていてもです(´・ω・`)


そして、たとえ吹く体質の子であっても、
その日の調子によっては吹けない日もあります。



量だって、様々で、
盛大に吹き出すように出る子もいれば、
少し漏れる程度の子もいます。



あず自身は、そんなに大量に吹くわけではなく、
ピュッピュッと飛ぶ程度で盛大には飛びません。

大概は、少しづつ潮が漏れて、男性の手やお尻を伝って
布団がビショビショになるという程度です。


また、事前に潮を吹くことが分かっていて、
バスタオルなどをお尻の下に引いてれば別ですけど、
周りの布団も濡れるし、自宅の布団やベットだと
結構後始末に困ります(ノД`)

刺激されてる時や、吹いてる時はいいんですが、
セックスが終わって、ふーっと一息付いて我に返った時に、
「ハッ!そういえば!!」と思い出して、
結構、後始末が面倒だったりします(;・∀・)

だって、セックス後は、2人で
ゆったりまったりしたいじゃないですか(人´∀`)

潮吹きがプレッシャーに・・・

潮吹きさせたい男性は、結構多いと思いますが、
あずが潮吹きで問題だと思うのは、

男性に潮を吹きを期待されると、
「女性側がプレッシャーに思ってしまう場合」があること。

これは、潮吹きに限らず、「イキやすい」とか「イキにくい」でも
同じことが言えます。


男性は、
「イキやすい子がいい!感度がいい子がいい!」
みたいなイメージはありませんか?

もちろん、自分の愛撫で女性が反応してくれたら嬉しいので、
そう思うのは、とてもよく分かります。

自分の手でオーガムに達してくれたら、
すごく嬉しいし、喜びもひとしおです。

そしてその時の表情を見るもの、
たまらないものです。


あずも、自分がフェラしてる時に、
男性が吐息を漏らしてくれたり、
腰がビクンと反応すると、

自分の愛撫で感じてくれてるんだ!と嬉しくなって、
「よし!もっともっと頑張っちゃうぞ♪」ってなるので、
よく分かります(・∀・)


でも、女性がセックスの時に演技するのも、
これに関連しています。


女性は、
『男性は「イキやすい子」や「感度がいい子」が好きだ』
と思っていて、

嫌われたくないから、「感じているフリ」や「イク演技」をしてしまうのです。

やっぱり好きな人には、よく思われたいのです(´・ω・`)


「こいつ感度わりーな」

とか、

「こいつ、不感症なんじゃないの?」

とか思われて嫌われたくないのです。




それと同じ感じで「潮吹きする女の子=感度がいい!」
っぽいイメージが多少ないでしょうか?

あずが聞いた話の中には、
潮吹きを期待されて、男性を喜ばせたいあまり、

『セックス前に尿を我慢して、セックス中に失禁して
潮吹きのフリをしている』

なんて話も聞いたことがあります。


求められて期待に応えられないと
申し訳ないなって気持ちになるんです・・・


そうなると、潮吹きがプレッシャーになって、
そればかりが気になって、

本当の目的だったはずの『気持ちよさ』に
集中できなくなってしまいます。






あずは、

『潮吹きよりも、セックスで気持ちよくなれることの方が大事』

だと思います。


潮吹きは
「気持ちよくなったら、気づいたら勝手に吹いちゃった!」
という程度の、快感のついでについてくるおまけであるべきです。

気持ちよくさせたいから、潮吹きをしようとしたはずが、
潮吹きというおまけが目的になって、
快感を感じられなくなったら本末転倒です。



男性で例えるなら、

早漏とか、遅漏とかの悩みがある人と一緒で、
それは体質です。

早漏の人が、早くイカないように!と、それが気になって
セックスを目一杯楽しめなくなくなったり

遅漏の人が早くイこうとするばっかりに、
セックスがプレッシャーになって余計イケなくなってしまったり・・・


そんなことより、快感はもちろん、一体感や暖かさなど、
一緒にセックスしている時間を楽しんだ方が
絶対に、お互い幸せだと思うんです。


あずは個人的にですが、潮吹きできないからと言って、
振り回されるだけの価値は、潮吹きにはないと思っています。

だって、潮吹き自体に快感はないんだから。

デメリット

また、これはあずだけかもしれませんが、潮を吹いたあとって、
愛液が流されて滑りが悪くなるんですよ。

愛液って、どちらかというと、粘りがあるというか、
トロトロしていてローションのような感じです。

でも、潮を吹くと、

このトロトロの愛液が、サラサラの潮で流されたり、薄まったりして、
少しキュッキュする・・・って感じで、滑りが悪くなります。

そうすると、指やペニスが引っかかって、
次の愛撫や挿入が、あまり気持ちよくなくなるんです。


だから、男性が満足してくれるなら潮吹きしますが、
この愛液が薄まるのがあまり好きではなくて、

あくまで、あずの中での潮吹きは
「男性を視覚的に興奮させるパフォーマンス的要素」です。


視覚的に派手だから、視覚で興奮させなければならない
アダルトビデオでもよく使われるのでしょう。

そういう理由から、アダルトビデオだと潮吹きシーンはよくありますし、
男性も吹かせたいと思うかもしれません。


でも正直、
『男性の自己満足や自尊心・制服欲を満たしたい』
という気持ちによるもの大きいと思います。


あず的に潮吹きは、男性が喜んでくれるなら、

ちょっと手マンが痛くても、布団がびしょびしょになっても、
愛液が薄まっても、我慢しますね・・・という感じなんです。


なんだか、色々と書いてしまいましたが、

女性から見たら、潮吹きは必ずしもいいものではなく、
デメリットもあるということを知って欲しかったんです。




では、潮吹きなんて、今後一切wしない方がいいのでしょうか?

潮吹きは、絶対に気持ちよくないのでしょうか?



実は、そんなことはありません。



散々、『もういいよ!(ノД`)』と言われそうなほど、
デメリットを書いてきましたが、
ちゃんと『気持ちいい潮吹き』は存在します。


知りたいでしょうか?


焦らしたwところで、


次からは、

『気持ちいい潮吹きをするにはどうしたらいいか』

を書いていきたいと思います。


次へ→正しい潮吹きの方法



潮吹きの真実 目次

実は気持ちよくない?潮吹きの真実
②女性から見た潮吹き
正しい潮吹きの方法
気持ちいい潮吹き方法
潮吹きと同時にイクのは難しい?
潮吹きと同時にイクには○○が重要!
○○を実際にやってみた
潮吹きでイケるようになって感想

あすおすすめセックス教材

女性に強烈な快感を与える"中イキ"をさせるにはコレ!

→あずのレビュー

女性を虜にするセックステクニックが知りたいなら・・・
かすみ果穂が教える女性を虜にさせるセックステクニック
→あずのレビュー

あすおすすめアダルトグッズ

あずおすすめ使いやすくて気持ちいいローター♪

→あずのレビュー

吸い付くような感触の気持ちいいローション♪

→あずのレビュー
→女性をイカせる為のローション活用

サブコンテンツ

このページの先頭へ