やってはいけない!小陰唇愛撫

前ページでは大陰唇の愛撫方法を書きました。をなめたら、
今回は小陰唇の愛撫方法。

小陰唇いわゆるビラビラと呼ばれている部分。

小陰唇の愛撫方法に入る前に、まず注意して欲しいことがあります。
それは「ビラビラの大きさや色には個人差がある」ということ。

当たり前に聞こえるかもしれませんが、
これを気にしている女性はかなり多いです。

あずも、昔かなり気にしていました。

あずは左右でビラビラの大きさが違っていて、
自分から見て左側が大きいのがとても気になっていました。

それと、全体的にビラビラが人より大きいんじゃないかと思っていました。

だから、クンニされるのが非常に嫌で見られたくなかったのです。
明るい場所なんてもってのほか!

たとえ暗くても触った感じで分かるんじゃないか・・・
とか、悩みは尽きませんでした。

ビラビラを縮小する整形手術なんてものあって、
「これしようかな・・・」って思ったこともありました。

数は少ないですが、実際女性で縮小手術している人も存在します。
それぐらい見た目の悩みの多い場所なのです。

見た目の悩みのつきない場所なので、
男性側からビラビラが大きいとか、色が黒いとか、
絶対に「小陰唇の見た目には触れてはダメ」です。

ビラビラのコンプレックス解消①

ビラビラについて悩んでいたあずですが、
実はあることをきっかけに、ビラビラについて気にならなくなりました。

気にならなくなったきっかけは二つあります。

まず、1つ目は、ネットの掲示板で、女性がビラビラについて
悩みを語っている掲示板を見てからでした。

この時期は、かなり悩んでいたので、
ビラビラについて色々検索をかけたりしていました。
(その時、縮小手術も知りました。)

その掲示板で、みんなが悩みについて語っていて、
左右非対称なのも普通だし、
すごく長くて垂れ下がっている人もいるし、
色も黒くても普通だし、
「みんなこんなものなんだ!」と安心したからです。

違いがあって普通なんだ、というか、自分のビラビラって
案外普通の範囲内なんじゃないかな!?と気づいてからでした。

もちろん個人差があるのは当然知っていましたが、
外見のように見えないので比べようがありませんし、
恥ずかしい部分なので平均が分からない。

平均がわからないので、自分のビラビラが平均と比べて、
普通なのか大きいのかすら分からないのです。

男性のペニスは外に出ているので、銭湯などで他人と見比べて
違いとか平均がわかることがあるかもしれません。

女性は、銭湯などに言っても、まじまじと他人の裸を見ないですし、
チラッと見えたとしても表から陰毛部分が見えるだけで、
女性は他人と見比べる機会が全くありません。

AVを見たとしても、モザイクでよく見えないし、
女性同士でビラビラについて語ることもほぼないですし。
女性器なんて、他人と見比べる機会がなく、
平均すら分からないのです。

だから、割と普通の大きさでも、
自分のビラビラは大きいんじゃないかと悩んだり、
強いコンプレックスを抱えていたりします。

でもネットで見つけた掲示板を見て、知識だけで知っていた
「個人差があるのが普通である」ということに実感が湧いて、
悩んでいるのは自分だけじゃないんだなと思い、気が楽になりました。

あずのコンプレックスが少なくなったのは、
「ビラビラには個人差がある」という
そんな当たり前のことに気づいたからでした。

次はコンプレックスが解消したきっかけ②です。
小陰唇のコンプレックス解消②

関連記事

小陰唇愛撫のタブー①
小陰唇愛撫でやってはいけないこと
感じる小陰唇愛撫

あすおすすめセックス教材

女性に強烈な快感を与える"中イキ"をさせるにはコレ!

→あずのレビュー

女性を虜にするセックステクニックが知りたいなら・・・
かすみ果穂が教える女性を虜にさせるセックステクニック
→あずのレビュー

あすおすすめアダルトグッズ

あずおすすめ使いやすくて気持ちいいローター♪

→あずのレビュー

吸い付くような感触の気持ちいいローション♪

→あずのレビュー
→女性をイカせる為のローション活用

サブコンテンツ

このページの先頭へ