乳首愛撫の好みは人それぞれ

セックスで、好きな愛撫方法は人それぞれですし、
強さの好みもそれぞれですが、

実は、あずは
乳首を舐められるのがあまり好きではありません・・・(´Д⊂

よく、舌での愛撫は、唾液で摩擦が減るとか、
舌先の方が柔らかくてソフトだとかいうけれど、
あずは舌で乳首舐められると、ただでさえ敏感な乳首が、
唾液で濡れて余計に敏感になって、不快なんですよね。

くすぐったいとかじゃなくて、不快なんです。

プールとか入ると指先とかがふやけるじゃないですか?
そういうイメージ。

乳首舐めだけは
「乳首舐められるのあまり好きじゃないから出来るだけ指でして?」
と伝えます。

なかなか言えなくて、最初は我慢することもありますが、
あまりにもしつこく乳首舐める時は、
「乳首が敏感なの・・・痛くなっちゃった」とやんわりと断ります。笑
ま、本当に痛くなったりするので、嘘ではないんですけど。

乳首舐めが嫌いな人は結構いる!?

もちろん、乳首舐られるのが好きな人の方が多くて、
多くの女性は、舌の方がソフトだと感じるのだと思いますし、
あずが少数派なのは承知の上です。

承知の上で、乳首舐められるのが嫌いな女性って、
あずだけなのかと思って、調べてみたんですよね。

記事を書くにあたって、あず個人の感覚だけで
いい加減なことは書きたくなかったので・・・

そしたら、結構いるんですよ!
乳首舐められるの嫌いな女性!

興味があれば、
「乳首 舐め 嫌い」か「乳首マジ無理」で検索してみてください。

風俗関係で働いている女性が
本音や悩みを語り合っている掲示板が出てきます。

普通の女性はあまり、セックスのことを赤裸々に話したりしないのですが、
風俗関係で働いている女性は性に関することが仕事なので、
本音が書かれています。

内容を読むと、本音で書かれている分、
男性的には結構衝撃的かもしれないので、
検索するときは覚悟して読んでみてください。

乳首を舐められるのが苦手な人が結構いるんだなーと安心したと同時に、
何故こんなに反応が別れるのかな?と疑問に思いました。

まず、乳首は神経がたくさん通っていて、
もともと敏感であるということももちろんあると思います。

でもそれだけの理由だったら、みんな乳首は敏感で
優しく触って欲しいと感じると思うんですよね。

でも、みんながみんな敏感なわけではなく、反応が真っ二つ・・・

おっぱいは「精神的興奮度」が高い性感帯

反応が真っ二つの理由を色々考えてみたのですが、
あずは、神経が通っていて敏感であるという理由の他に、

おっぱいが
「精神的興奮度が高い性感帯だから」
だと個人的に思っています。

もちろんこれはセックス全体に言えることだし、
おっぱい以外でも好みは分かれるのは当たり前なのですが、
おっぱいは特にこの傾向が顕著。

だから、精神的に満足してからじゃないと、
身体的快感を感じることが難しい部位で、
精神的な準備が整ってからじゃないと、
おっぱいで感じるようにならないのだと思います。

精神的興奮(が満たされてから初めて)→身体的興奮(を感じるようになる)。


女性のほとんどは好きな人じゃないとセックスしたくないと思っているので、
精神的な準備のベースとして、愛されている実感が不可欠になります。

愛されている実感を感じているか、
その人の経験やセックスに対する先入観など、
こういうテクニック以外の「精神的なところに左右されやすい部位」だから、
反応が真っ二つなのかなと思っています。


同じようにキスも身体的興奮より、精神的興奮度が高い性感帯です。
嫌いな相手とはセックスはできても、キスはしたくないという人もいます。
この感覚あずもすごくよく分かります。

女性の精神的興奮度が高いところは、
気を付けて扱わないといけません。

でも、それだけに、満たされた時の満足度も高く、
セックスの満足度も比例して上がります。


乳首は好みが分かれるのが分かったところで、
次は、乳首舐めが苦手でも大丈夫な愛撫方法を書きたいと思います。

関連記事

乳首愛撫で一番大事なこと
乳首愛撫方法
乳首舐めが苦手な女性への舐め方

あすおすすめセックス教材

女性に強烈な快感を与える"中イキ"をさせるにはコレ!

→あずのレビュー

女性を虜にするセックステクニックが知りたいなら・・・
かすみ果穂が教える女性を虜にさせるセックステクニック
→あずのレビュー

あすおすすめアダルトグッズ

あずおすすめ使いやすくて気持ちいいローター♪

→あずのレビュー

吸い付くような感触の気持ちいいローション♪

→あずのレビュー
→女性をイカせる為のローション活用

サブコンテンツ

このページの先頭へ