気持ちいい乳首の愛撫方法

今回は、乳首の具体的な愛撫方法に入っていきます。
具体的な愛撫方法に入っていくのですが、
乳首の愛撫は乳首の愛撫は好みが人それぞれで書いたとおり、
バリエーションが豊富です。

その為、その女性やその日の感じ方によって責め方を変えるという、
臨機応変さが必要です。

その為、前ページで書いた、乳首愛撫の基本の3点。

「乳首までの焦らし」
「弱い→強いの順番に刺激する」
「相手の反応をみて、強弱の調節する」

この3点の基本を押さえている前提で読み進めて欲しいと思います。

乳首「側面」の愛撫方法

以上を踏まえたうえで、具体的な触り方に入ります。

実は、乳首は「側面」と「正面」で敏感度が違います。

あなたは、どちらがより敏感だと思いますか?

正解は、「正面」です。

では、側面と正面のどちらから責めるべきでしょうか?

そうです!
敏感な部分は後回しなので、「側面」からです。

■側面の愛撫方法

・側面を指先で挟んで、優しくクリクリする方法。
・優しく指先で挟んで少し引っ張る、
・優しくキュキュとつまむ。
などがあります。

どれにも通じるのは、最初は優しくするということ。
最初は優しくしてみて反応を見ながら、
大丈夫そうなら少しずつ強くしてみることが大事です。

乳首「正面」の愛撫方法

■正面の愛撫方法

正面は側面より敏感なので、より優しい刺激を心がけてください。

●正面なら、まずは、圧迫する方法がおすすめ。

これは、乳首があまり動かないし、擦ったりしないので、
痛くない優しい刺激を与えることができます。
刺激が程よく、使いやすいので、あずもオナニーの時によく使います。

圧迫って感覚が分かりづらいかもしれませんが、
男性もペニスをギューッと握って圧迫するだけだったら、
刺激は少ないですよね?
それを上下させたり、擦ったりした時に強い刺激があると思います。

それと同じで、圧迫自体の刺激は優しいので、
乳首正面からの時は、まずは圧迫する刺激方法がおすすめ。

乳房は脂肪でできていて柔らかいので、指がのめり込むかもしれませんが、
表面がヘコむ程度なら痛くないので大丈夫。
ただ、いくら大丈夫とはいっても加減があるので、
思いっきり強くは押し込むのはやめてくださいね。

・最初はギューと長めに圧迫を数回繰り返して、
トントントンとリズムを付ける。
→ギューッと圧迫、トントントン、ギュー、トントントン。
と強弱を付ける。

・圧迫したまま、ぐるぐる回してもらうのもいいです。

また、圧迫のいい点は両乳首を片手で刺激できること!
親指と中指を使って、両乳首同時に圧迫してもらうのも好きです。

女性器を愛撫していて片手がふさがっている時に、
両乳首を刺激したい時などに役に立ちます。

●正面をこする方法
乳首正面をスリスリこする方法は刺激が強いので、
本当に乳首愛撫の最後の最後にしてください。
ここまで丁寧に愛撫していれば、
もう多少強く触ってもOK状態になってはいますが、
最初は丁寧に優しく。
大丈夫そうなら、だんだん刺激を増やします。

指先をあてて、触れるか触れないかぐらいで、
表面を円を描くようにスリスリします。

乳首「側面」+「正面」を同時愛撫方法

■最後に、「側面」+「正面」を同時に愛撫する方法。

側面を親指と中指で優しくつまみます。
優しくつまんだ状態で、人差し指で、
正面を触れるか触れない程度にスリスリします。

この中では側面+正面の愛撫が一番刺激が強いので、
十分に愛撫してから挑戦してください。

ちなみにあずは乳首愛撫の体位は、
後ろから両方でクリクリされるのが一番好きです。

こんな感じで乳首の愛撫にはいろいろな愛撫方法があります。
色々試してみて、相手の女性が好きな刺激方法や、
好きな強さを見極めてください。

関連記事

乳首愛撫で一番大事なこと
乳首の好みは人それぞれ
乳首舐めが苦手な女性への舐め方

あすおすすめセックス教材

女性に強烈な快感を与える"中イキ"をさせるにはコレ!

→あずのレビュー

女性を虜にするセックステクニックが知りたいなら・・・
かすみ果穂が教える女性を虜にさせるセックステクニック
→あずのレビュー

あすおすすめアダルトグッズ

あずおすすめ使いやすくて気持ちいいローター♪

→あずのレビュー

吸い付くような感触の気持ちいいローション♪

→あずのレビュー
→女性をイカせる為のローション活用

サブコンテンツ

このページの先頭へ