キスの基本(ディープキス編)

女性が感じるキスの方法!
ディープキス編」です。

まず、ディープキスの具体的な手順に入る前に、注意点をいくつか。

■ディープキスに入る前に、ソフトキスをしてしてから。

ディープキスをする前に、前ページの「女性が感じるソフトキス編」をして、
じっくり女性側の気持ちを盛り上げてからが鉄則。

そして、ソフトキスをした後、
相手の唇が少し開いてからようやく舌を入れることができます。

そうでない場合は、まだ相手の準備ができていません。

相手の唇が開いていないうちに舌を入れても、
とろけるようなキスはできないので、舌挿入はしないでください。

■ディープキスの時も、舌に力は入れない

ソフトキスの時と同様、ディープキスをする時にも
舌や唇には、力を入れないでください。

これがとろけるようなキスをする最大のコツ!

舌を絡めるだけの激しいキスでは、女性を感じさせることはできません。

女性が感じるキスは、
優しさと激しさが同居した、ソフトでありながら激しいキス」です。

ディープキスの時に、舌に力を入れて尖らせるような感じで
激しく絡めてくる人がいますが、舌を尖らせると、
舌全体が縦に丸くなって、非常に感触が固くなります。

ソフトで激しいキスをする為には、舌の力は抜いて、
舌の表面積を横に広くするイメージを持ってください。

とにかくディープキスの最初は柔かい舌を意識して。

・ソフトキスで相手の唇が開いてから
・舌の力を抜いたソフトで激しいキス

この2つを踏まえたうえで、ソフトキスの時と同様、
こうだったら嬉しいという基本の流れの一例を書いてみます。

キスの順序ややり方なんてあってないようなものですが、一応参考までに・・・

ソフトで激しい ディープキス方法

①相手の唇が少しだけ開いたら、最初は少しだけ舌先を入れて
相手の舌先だけをペロペロとゆっくり舐める。

その少しだけの隙間に合わせるように
ほんの少しだけ舌を挿入して、まだ舌は絡めない。

ここでも舌の柔らかさをしばらく楽しむ。

 

②ここまで来て、相手が舌を少し出してきたら、舌を絡める。
力は極力抜く。

相手の舌の動きをみて、絡め取る感じだと最高。
ディープキスする時は、とにかくゆっくりした動きを心がける。

 

③あとは、上あごの部分をゆっくり舐めてみたり、
上の歯茎の部分をゆっくり舐める、
相手の舌を吸ってみる・・・など色々試してみてください。

 

イメージは「ゆっくり・むっちり」という感じ。

 

実は、私は、歯茎の部分は激しく舐められると、生理的に受け付けません(ノД`)

でも、同じ歯茎の部分を舐める行為でも、
ゆっくりした速度でソフトに舐められると、それだけのことで途端に感じます。

激しくすると感じない動きも、速度を変えるだけで気持ちいいと感じます。
それだけ速度は重要です。

あとは、舌を吸う時に、優しく吸ったり強く吸ったり、
舌を絡める時にも、優しく絡めたり、少し力を入れてみたり、強弱を付けてみる。

ディープキスもやり方も順番も様々です。
状況によって変化を付けて、いろんなバリエーションでキスを楽しんでください。

あすおすすめセックス教材

女性に強烈な快感を与える"中イキ"をさせるにはコレ!

→あずのレビュー

女性を虜にするセックステクニックが知りたいなら・・・
かすみ果穂が教える女性を虜にさせるセックステクニック
→あずのレビュー

あすおすすめアダルトグッズ

あずおすすめ使いやすくて気持ちいいローター♪

→あずのレビュー

吸い付くような感触の気持ちいいローション♪

→あずのレビュー
→女性をイカせる為のローション活用

サブコンテンツ

このページの先頭へ