背中の愛撫①

今回は、背中の愛撫方法についてです。

あずが本当に大好きなのが背中の愛撫。

背中に舌を這わせて舐め上げられた時の
あのゾクゾクくる感じがたまらないのです。

そして、体全体の感度までアップする感じ。
あまり乗り気じゃない時のセックスでも、
この背中の愛撫でセックスのスイッチが一気に入ることもしばしば。

本当に背中の愛撫だけで声が漏れてしまう。
声を出しているんじゃなくて、自然と声が漏れてしまうんです。

実はあず・・・
おっぱいや乳首なんかより、背中の方が感じるかもしれません。

「おっぱいや性器の愛撫」と「背中の愛撫」は快感の種類が違うので、
一概には比べられないのですが、愛撫の中で一番背中が好きかも。

背中まで丁寧に愛撫してくれる男性ってあんまりいないので、
ここは絶対に愛撫して欲しいです。

背中の愛撫 場所

まず場所ですが、基本的には
骨のあるところ」と「筋肉の盛り上がっているところ」が感じます。

なので、メインで攻めるのは、
「真ん中の背骨」「肩甲骨」「その周りの筋肉の盛り上がっているところ」などです。

「真ん中の背骨のあたりを下から上で撫であげる」
「そのサイドの両方を下から上に舐め上げる」
「肩甲骨に沿って舐める」などが基本になります。

背中愛撫 触れ方の基本

あず的に、耳と首と背中は同じような快感のグループだと思っています。
もちろん違いはありますが、どれもゾクゾクする感じの快感です。

だから、愛撫の基本も同じで、指先や舌先でそっと
触れるか触れないかぐらいの「フェザータッチ」が基本
たまに強い刺激も混ぜて、強弱をつける感じです。

■フェザータッチの理由

なぜ、触れるか触れないかのフェザータッチが基本になるかというと、
背中は女性器や乳首などと違って、あまり敏感なところではありません。

例えば、背中のマッサージの時にかなりの強さでグイグイ押されても、
痛いとは感じず、むしろ気持ちいいと感じるはずです。

あれをクリトリスでやられたら痛いどころか、悪い意味で失神ものです(´Д⊂

背中は
圧する刺激には特に強いところなので、強く愛撫してもあまり効果のない部分
です。

なので、背中を愛撫する時は「触れるか触れないかぐらいのフェザータッチ」が基本。

具体的な愛撫方法は感じる背中の愛撫方法2で★

あすおすすめセックス教材

女性に強烈な快感を与える"中イキ"をさせるにはコレ!

→あずのレビュー

女性を虜にするセックステクニックが知りたいなら・・・
かすみ果穂が教える女性を虜にさせるセックステクニック
→あずのレビュー

あすおすすめアダルトグッズ

あずおすすめ使いやすくて気持ちいいローター♪

→あずのレビュー

吸い付くような感触の気持ちいいローション♪

→あずのレビュー
→女性をイカせる為のローション活用

サブコンテンツ

このページの先頭へ