お尻の愛撫方法②

お尻 愛撫方法

前ページではお尻の基本の愛撫方法を書きましたが、
お尻には背中やおっぱいにはない、お尻だけの特徴があります。


お尻にしかない特徴って何だと思いますか?

・・・・

それは、膣やクリトリスなどの女性器にとても近いということ。
お尻は愛撫のバリエーションが少ない部位なので、
ぜひ、これを活かさない手はないと思うのです。

それを活かす方法とは、お尻の愛撫を通して、
「膣やクリトリスを直接触らずに、膣やクリトリスを刺激する」という方法。

「え!?直接触らずに愛撫!?」と
不思議に思われるかもしれません。

具体的に言うと、お尻を揉んでいる「振動」を
クリトリスに伝えるという感じです。

方法は、女性をうつ伏せに寝かせて、お尻の上に両手を乗せます。
その状態で、大きくマッサージするように手を回します。

振動を伝えるのが目的なので、少し力を入れても大丈夫です。

うつぶせオナニーをしている女性は多数いる

一見、男性には、なぜこれが気持ちいいか分からないかもしれません。

どうして、これが気持ちいいかというと、
実は、女性の中には、うつぶせで布団にクリトリス部分をこすりつけるようにして
オナニーしている女性も結構いるからです。
いわゆる床オナニーってやつかな?

あずも、ローターなどのアダルトグッズを使い始める前は、
ずっとこの方法でオナニーしていました。

なぜ、この体勢でオナニーする女性がいるかというと、

単純にイキやすいからです。


女性は、足がピーンと伸びた状態や、力が入った状態だとイキやすいんです。
うつ伏せだと、足は自然とピーンと伸びるし、足やお腹に力が入れやすい。

でも、この床オナニーやうつぶせオナニーは、ちょっと欠点があります。

普段うつぶせオナニーをしている女性は、
実は、正常位など他の体勢ではイキにくくなってしまうんです。

普段オナニーしている体勢と同じ状況であるほどイキやすいのです。

オナニーの時にクリトリスを擦り付けるように刺激をしている人は、
その擦り付ける刺激が一番イキやすいし、

ローターの振動によって刺激してイっている人は、
その振動の刺激が一番イキやすいのです。

なぜなら、その「擦り付け」や「振動」の刺激に対して
快感を得るように開発されているからです。

そして、イクためには姿勢も大切です。
実は、姿勢が直接大切というより、イクためには体の力の入れ方が大事なんです。

女性は、足を開いた正常位の体勢より、
足を閉じてぴーんと足先まで伸ばした方がイキやすいです。
その姿勢を取ることで、自然とイキやすい力の入れ方になるのです。

普段、オナニーでイケるのに、セックスでいけないのは、
イクために重要な「刺激の方法」と「姿勢(力の入れ方)」が変わってしまう
ということが大きいです。

例えば、普段擦り付けるうつぶせオナニーでイっていると、
正常位では擦り付けができず、更に姿勢が変わって
普段と同じ場所に力が入らなくなってしまうので、
イキにくくなってしまうのです。

実は、あずは幼少期からこの床オナニーをしており、
おまけに、床オナニー→ローターでのオナニーに移行して、
ローターの振動を覚えてしまったので、セックスでは全くいけませんでした。

オナニーと同じ状況を作り出せる「お尻愛撫」

うつぶせでイキやすいと分かっても、
通常セックス時に、うつ伏せの体勢でクリトリスの愛撫はできません。
布団と女性の体の間に挟まれて、男性の手が入らないからです。

でも、この振動を伝えるお尻の愛撫方法なら、
このうつぶせオナニーと同じ状況を愛撫の中で作り出せるんです。

うつ伏せで大きくマッサージするように両手を回すことで、
クリトリス部分もこすれ、快感を感じます。

気をつけるのは、振動を伝えるのが目的なので、
・大きな動きでマッサージするようなイメージでやること。
・クリトリスへの振動をイメージすること。
直接触らないので、イメージがつかみづらく、力加減が難しいかもしれません。

難しいかもしれませんが、
あずみたいに床オナニーをしていた人には効果的なので、
ただの愛撫に飽きてしまった時はやってみてください。

お尻愛撫方法①

あすおすすめセックス教材

女性に強烈な快感を与える"中イキ"をさせるにはコレ!

→あずのレビュー

女性を虜にするセックステクニックが知りたいなら・・・
かすみ果穂が教える女性を虜にさせるセックステクニック
→あずのレビュー

あすおすすめアダルトグッズ

あずおすすめ使いやすくて気持ちいいローター♪

→あずのレビュー

吸い付くような感触の気持ちいいローション♪

→あずのレビュー
→女性をイカせる為のローション活用

サブコンテンツ

このページの先頭へ