耳の愛撫

耳の愛撫は、してくれる男性としてくれない男性に分かれますが、
耳もすごく感じる場所。

耳への愛撫で、女性の気持ちが一気に盛り上がることも度々あります。

理由として、音がダイレクトに伝わるので、
その音に意識が集中しやすく、興奮が高まります。

そして意識が集中したまま、
その後の耳以外の愛撫にも感覚が集中する感じになります。

耳愛撫 基本

あず的に、耳と首と背中は同じような快感のグループだと思っています。
もちろん違いはありますが、どれもゾクゾクする感じの快感です。

だから、愛撫の基本も首や背中と同じで、
指先や舌先でそっと触れるか触れないかぐらいが基本

キスからの流れで耳の愛撫に移るのが自然なので、
まずは、キスながら指先でスーっと撫でてみたり、
軽く耳の中に指を入れてみたりしてください。

それから、
・唇での愛撫にうつり、耳の輪郭にそってスーっと舌先で舐めてみたり、
・耳の穴に舌先を入れてみたり、ハムっと軽く耳たぶや輪郭を咥えてみたり、
・息を吹きかけてみたりしてみてください。

耳愛撫で気をつけること

上に書きましたが、耳の愛撫で気をつけることは唾液。

セックスやキスで気をつける点では、何度も書いていますが、
女性は唾液を嫌がる傾向にあります。

特に唾液が耳に入ったりしたら、すごく嫌です。
音は立てた方がいいですが、
唾液の量を減らして、極力出さないように気を付けてください。

そして、耳だけではなくて、髪にも唾液がつくのは嫌なので、
髪に唾液がつかないように、髪をそっと片側によせてみてください。

キスや耳の愛撫の時点で髪をよけてあげれば、
その後も愛撫がしやすく、後の流れがスムーズです。

今までに唾液で嫌な思いをしたことがある女性は、
耳の愛撫を避けるような仕草をするかもしれません。

その時は無理をせずに、首や背中の愛撫に移ってください。

耳だけの特性を生かした愛撫

そして、耳は背中や首にない耳だけの特性があります。
あずは、その部位しか持たない特性を生かした愛撫を心がけてほしいなーと思っています。

あなたは、耳だけにしかない特性とは何だと思いますか?

そうです!

それは「聴く」という特性。

耳元で「聴く」声は、普段聞こえる声と全然違って聴こえます。
耳元でささやくと、体には直接触れませんが、すごく感じます。

囁く言葉は、オーソドックスに
「好きだよ」「綺麗だよ」「いい匂い」など。

また、ささやくという方法はこれは耳の愛撫をしていない時でも使えます。
不意にギュッときつく抱きしめて、耳元で「好きだよ」なんて言われたら、
キュンキュンします(*´д`*)

これなら、耳を舐める愛撫が苦手な人や、くすぐったくて苦手な人でも使えるので、
是非、耳だけの「聴く」という特性を活かしてみてください。

あすおすすめセックス教材

女性に強烈な快感を与える"中イキ"をさせるにはコレ!

→あずのレビュー

女性を虜にするセックステクニックが知りたいなら・・・
かすみ果穂が教える女性を虜にさせるセックステクニック
→あずのレビュー

あすおすすめアダルトグッズ

あずおすすめ使いやすくて気持ちいいローター♪

→あずのレビュー

吸い付くような感触の気持ちいいローション♪

→あずのレビュー
→女性をイカせる為のローション活用

サブコンテンツ

このページの先頭へ